夢のキャリア、英語でつかもう

看護師✕英語

世界で活躍する看護師を目指すってどういうこと??

地球のこんなところで発見!!

青年海外協力隊として東ティモールで活躍中の日本人看護師さん

Hirono Sasakiさん

青年海外協力隊として
東ティモール赤十字社青少年部にて活動

現在私は青年海外協力隊として東ティモール赤十字社青少年部にて活動しています。活動内容としては、現地スタッフとともに青少年のリーダーシップ育成を目的としてプログラムやイベントの企画運営を行なっています。

「生まれてこの方新潟から出たことがありませんでした」

こんな私ですが、前職は新潟県内の病院で小児科看護師として勤務していました。二十数年間、新潟から出たこともありませんでした。英語を話せる人のイメージは、「たぶん家族旅行で小さい時から海外に行ったことがあって、たぶん学生時代から英語が得意で、たぶんホームステイの受け入れとかもしていて、たぶん大学の時に留学していて・・・」そんなイメージがありました。そういう人しか、英語って話せないものだと思っていました。でも実は違ったんです。


英語を話さない日はない今日この頃

ここでは現地語を主に使っていますが、オーストラリアをはじめ、他国の赤十字から派遣されているスタッフもいるため、会議は英語で行われることがあります。なので、プレゼンは英語、発表資料は英語、報告書は英語、メールは英語・・・英語を話さない日はない今日この頃です。

国連関係のイベントで英語でプレゼン&世間話

先日は3日間のイベントを開催し、私はコーナーを一つ担当することになりました。このイベントは国連と東ティモール政府から予算を頂戴したこともあり、UN関連のUN◯◯などのスタッフが会議に参加。もちろんイベント当日には、教育省副大臣やらUN◯◯の現地代表やらが、ゲストに呼ばれるわけです。私の担当するコーナーにも、そのお偉いさんたちが登場。心臓爆発寸前でしたが、自然と自信を持って担当コーナーの説明をすることができ、お偉いさん方も興味を持って話を聞いてくださいました。

Hironoちゃんが2年前に出会ったある学校:
Vector International Academy

「2年後に私は、<アジアで最も新しい国・東ティモール>という国で、毎日ばりばり英語を使って働いているとは思ってもみませんでした。」と彼女は語ります。「Vectorに通ったことで、本気で英語を話せるようになりたいっていう人は、誰でも話せるようになるのだということを感じました。Vector入学前の私なら、とにかくパニックになり『あはー、イエス、ノーノー』としかできなかったと思います。しかしVectorでの【英語思考回路脳を鍛えるConversation Battle】で培った英語対応力、あと、毎週行われる【実践的プレゼンテーション】で身についた英語力と度胸は、私を強くさせてくれていました。」

幅広いジャンルをカバーした授業が、実践力育成に

「Vectorでは幅広いジャンルに対応した英語を学ぶことができました。私がVectorで培ったことは、英語で話す自信がついたことと、会話のバリエーションが増えたことです。世間話って、一番難しいと思うのです。なぜかというと、話し手によってトピックがどこに飛んでいくのかわからないからです。知らないトピックが出てきたらもう終わり・・・世間話は恐ろしい!でもVectorコースワークの、幅広いジャンルをカバーした授業のおかげで、会話のバリエーションが莫大に広がりました。この前はイギリス人の友だちと日常生活のことから、文化、保健、政治政策のことまで、3時間どっぷり話し合いました。これもあの、Vectorでの日々が基礎にあったからだと思っています!」

(Vector公式ブログ 卒業生インタビューより抜粋)



あなたの職場でも、英語がどんどん身近に


集めてみました

いろんな"あるある"

海外旅行に行くたびに英語もっと話せるようになりたいって思うのに、帰ってくると日々の忙しさでなかなか勉強が続かない。
外国人の患者さんが時々来るけど、いつもどうしたらいいかわからない。というか最近増えて無い?!
今の職場は決して悪くないんだけど、何かが足りない気がする。なんだろう。
「働き方改革」ってこの頃よく聞くけど、つまり何のこと?
「働き方改革」ってこの頃よく聞くけど、つまり何のこと?
在日、訪日外国人の数はますます増える見込み!
近年、在日・訪日外国人の数が年々増えており、2018年にはついに年間訪日外国人の数が3000万人を突破。2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博開催に向けてその数は今後も増え続けると予想されています。同時に、自国では不可能な医療、より安いコストの医療を求め、外国に渡航して治療・診療を受けるメディカルツーリズム(医療観光)の動きも加速しており、医療現場における多言語多文化対応が求められています。ずっと気になってた英語。そろそろ本気で取り組みたい!
最近よく耳にする「働き方改革」って??
国が推進する「多様で柔軟な働き方を選択することができるようになる」取り組みのこと。看護においては「働き続けられる仕組みを創る。その仕組みは実現可能で、持続可能な仕組みであること(日本看護協会のHPより抜粋)」としています。具体的には長時間労働の是正や有休休暇取得の義務化などです。これにより、自分のスキルアップに費やせる時間が増える可能性大!
でも、やっぱり貴重な時間。効率よく効果的にスキルを手に入れたい!

そんなあなたにピッタリ!
日本人のための英語訓練校がバンクーバーにあります


夢のキャリア、英語でつかもう

Vector International Academyってどんな学校?

  • 文法は日本語も使って効率的に定着
  • 「きちんと伝わる発音」を身につける
  • 効果的なボキャビル
  • 圧倒的なスピーキング量で自信をつける
  • できるだけ短期間で実践コミュニケーション力を育成する
  • 「きちんと伝わる発音」を身につける

~卒業生のその後~


① Vectorで培った英語力を活かして日本で活躍中

Yumikoさん

日本に帰国して1年半、外国人に対応できる看護師を集めた部署をつくる、と言われた病院に契約社員として戻ったものの、その部署はまだ完成しておらず、まずは小児科外来に配属になりました。小児科は、留学生の親がとても多く、唯一英語がわかる看護師と認められ、英語対応を任されることになりました。具体的には入院、手術前、検査説明をします。日々の英語対応をしながら、やっぱり文法って大事!と思いました。もっともっと自分の英語力を高めたい!と思いAkiko先生クラス時代の赤本を振り返って、勉強を続けています。正社員採用試験の時も、福岡は看護師が充足していることもあり、採用はかなり厳しい状況だったのですが、あの日々の苦難を思えば乗り越えられる。そう信じて臨み、面接で自分の思いも伝えることができました。結果、無事合格をもらいました!ありがとうございます。今は無菌室配属になり、中国、韓国、タイ…いろんな国から見学のドクターが来られていて、会話を聞きながら隙あらばその会話に割り込もうと日々ワクワクしています。
日本で看護師として勤務

Vector(文法Inputコース)

日本に帰国し、看護師としてのキャリアを再開

② バンクーバーの大学で正看護師コース履修中

Nanaeさん


Vectorでの計5ヶ月間
人生で一番勉強した時間でした。カナダにきた頃は主語動詞がわかる程度でしたが、今では新聞や本を読んで、英語を文法的に区切るのが趣味になっています(笑)。また、準備科を受講した後からは、目で見て、耳で聞いて、理解できるようになった英語の量が凄まじく増え、「あぁ、今までなんとなくで理解してたんだなぁ。」と痛感することも多かったのですが、相手の言いたいことや、ニュース・新聞で伝えられていることをより的確に捉えられるようになったことに幸せを感じています。さらに、新聞などでもヘッドラインが分からないと読もうと言う気にもならなかったし、ましてや興味のない分野となるとなおさら敬遠していましたが、ヘッドラインが読めるとその先も読みたくて、ついつい読んでしまう「素敵スパイラル」が発生しています。発音・スピーキングに関してはまだまだまだまだ課題は多いですが、モノに出来ていない技術があると言うことは、それを習得すればもっと楽しい世界が待っていると思うので、Vectorで習った方法を続けて、地道に頑張っていこうと思います。授業中の数多くのプレゼンやアニコン参加を通して鍛えられたお陰で、まだかなり緊張しますが、このドshyな私が人前で英語を喋る楽しさも感じられるようになってきました。そして、「英語アイデンティティ」を確立したいと思います。この年で自分と戦う経験ができるチャンスはそうないので、Vectorと出会えてよかったです。Vectorで過ごした濃すぎる数ヶ月間で、英語だけでなく、性格まで変化したのではないかと思います。
卒業後
ワーホリビザで仕事をしながらIELTSの勉強を始めました。ほとんどはVectorで教えてもらった勉強方法が基礎になっていて、書かずに覚えるは本当に自分に合っていたと思います。曖昧な文法・発音は徹底的に排除するように気をつけました。
計2年半の滞在中、気を付けていたこと
英語をできるようになるために来たという目的を折に触れて思い出しながら2年半生活していました。他の人たちに比べて、滞在時間が長かったこと、もともとのレベルの低さもありますが、最初の1年ちょいは休日に公園に行くことも、旅行に行くことも、おしゃれなカフェで過ごすこともほぼなく、英語の勉強のみに注力していました。思い出作りや帰国前か別途帰国後に来てもいいな。くらいに考えていました。

日本で看護師として勤務

Vector(文法Input&会話Output基礎)
→語学学校→Vector(会話Output実践)→TESOLカレッジ→語学学校→Vector(上級スピーキング2ヶ月)

その後ワーホリをしながらIELTS勉強開始
一旦帰国し、日本から入学審査に応募、見事合格し再び渡加

Vector卒業生の英語を聞いてみる

生徒さんが自分の翼で大きく羽ばたけるよう全力でサポートします。

Vectorが大切にしていること

文法は日本語も使って効率的に習得

「看護×英語」と聞くと一気に専門用語や難しい論文なんかをイメージするかもしれませんが、Vectorはそこに到達するまでのプロセス、土台の部分を大切にしています。しっかりした家を建てるためには地盤を固めないといけないように、自信を持って話せるようになるためには、正しい文法の知識が不可欠。スピーキングのルールである文法は、日本語も使って効果的に理解し、しっかりと定着させます。

「伝わる発音」を身につける

目まぐるしく変化する医療現場では、誰にでも通じるきちんとした発音で、正しい情報を伝えることのできる英語力が求められます。Vectorでは初級レベルから、スピーキングに不可欠な発音方法を口の形、舌の位置、息の量から丁寧に説明します。毎回のフィードバックにより「わかる」だけでなく「できる」ようになるまで指導します。
効果的なボキャビル

英語で話す際に必要となる単語は「知ってるかどうか」ではなく「使えるかどうか」。Vectorでは「イメージ」から習得するビジュアライゼーション方式を採用し、状況に応じた適切な単語を【瞬時に】選び取れる訓練をします。さらには第二言語習得に関するノウハウを知り尽くした講師陣が独自に編み出した効果的な勉強方法の徹底により、無駄のない勉強方法が身に着きます。在学中だけでなく一生モノのスキルです。
なにはともあれスピーキング量

どのコースも「最終的には英語スピーキング力をあげる」ことに特化したカリキュラムとなっているので、コース内容やレベルに関わらずどのコースでも、莫大な量のスピーキング練習を取り入れています。また、上級クラスでは学校を飛び出して現地の小学校やシニアセンターなどでプレゼンテーションを行うなど、実践を念頭に置いたコースワークで自信をつけます。

よくある質問

Q
今のお仕事の関係上、あまり長く日本を離れることができないのですが、それでも英語力を伸ばすことはできますか?
A

Vectorの【医療英会話コース】は、英語初級者の医療従事者の方を対象とした【2週間】の単発コースなので、お仕事の都合がつけやすいと人気です。

2週間の【医療英会話コース】についてもっと読む

Q
英語の勉強は長い間していないので本当に初級レベルですが、大丈夫でしょうか?
A

2週間の【医療英会話コース】では、英語初心者の方に大人気のVector【Level 1: 基礎英語コース】がついてきますので、英語が苦手な方や、英語学習からしばらく遠ざかっておられた方でも、安心してVectorでの勉強を始めていただけます。

 

基礎英語コース(4週間)修了後の英語を聞いてみる

Q
学校はどこにありますか?
A
バンクーバーのダウンタウン中心部に位置し、電車、バスでのアクセスも良好です。周りにはカフェやレストランもたくさんあるので、ランチを買いに出るのも便利です。
Q
英語の勉強は長い間していないので本当に初級レベルですが、大丈夫でしょうか?
A

2週間の【医療英会話コース】では、英語初心者の方に大人気のVector【Level 1: 基礎英語コース】がついてきますので、英語が苦手な方や、英語学習からしばらく遠ざかっておられた方でも、安心してVectorでの勉強を始めていただけます。

 

基礎英語コース(4週間)修了後の英語を聞いてみる

お問い合わせ

Vectorや医療英会話コースに関するお問い合わせ、
英語学習、カナダ留学に関するご質問など、
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信